puke and bounce

アプリを作るのが好き。アジャイル開発でみんな幸せになればいい。最近は複合現実による価値創造に興味

他人に目標を決めてもらう タニモクワークショップに行ってきた

タニモクのポイント

  • コミュニティによる課題解決
    → 1人では見えていなかった解決方法が他社なら見つけられる

活用方法

  • チームビルディング時
    自身の状況を絵で伝えることによって
    チームメンバーのアイスブレイクの効果があると思いました。

タニモクの実施手順

個人的に業務に適用したいと思っていたので書き起こします。

手順としては下記の通り
1. 3人程度のグループを作る
2. 各自が現状の自分を絵にまとめる
3. 1人がグループに対して自分の現状を説明する。
4. 現状に対する質疑応答を行う
5. グループの他のメンバーが「もし私が○○さんだったら」という視点で目標を発表する
6. 各メンバーが3〜5を行う
7. 最後に振り返りを行い下記のことをまとめる

  • 今日できること
  • 明日以降できること
  • 半年程度でできること

公式ページを見ればわかりやすいですが↓
https://tani-moku.jp/

気づき

  • イデアは主観から生まれる
    「もし私が○○さんだったら」と
    グループメンバーが主観的に人の目標についてを考えるため
    自分では全く思いつかなかったアイデアが生まれます。
  • 利害関係のないメンバー
    利害関係のない人かつ全く違うバックグラウンドが違う人と
    さらにアイデアについてディスカッションすることで深みを増すことができました。

私の個人的な振り返り

今日始めること

  • 断捨離
  • マインドフルネス

明日以降始めること

  • 今の仕事を極める
  • 毎日親、恋人に連絡を行う

半年後の姿

  • 執筆依頼がくる
  • 副業で稼いでいる