大学中退から始める娯楽入門

学んだら書くためのブログ。すべての人を幸せにしたい。

結局、お金がほしい?

何がしたいか?

仕事で人間関係でちょっとした悩みがあり
「相手はなんでこんな要求をするのだろうか?」
「なぜ私はこんなにつらいのだろうか?」
と思考してみました。
一通り整理がついたのでpukeします。

問答

ディレクターとのある会話。
私はあるプロジェクトのエンジニア代表的なポジションにいました。
最初のリリースで私はMVPでリリースする想定いましたが
ディレクターは最初の構想通りのリリース想定という思い違いがあったのです。
私はMVPでリリースしてユーザーの反応を見てから次の開発判断をしたからった。 MVPでリリースするという構想が全く伝わっていなかったのが最大の問題でした。
本当ごめんなさい。とだけ心の中で唱えておきます。
でも
「○○さんは、なんでそんな細かくリリースしたいんですか?」
と言われて若干ムッとしてしまった。
この機能をリリースして本当に効果があるのかわからない。
しかも多くの改修を加えたところで、それを直してテストをするのはエンジニアなのだ。
予定が遅れれば残業するリスクを抱えているのは我々なのだ。
余裕を持って工数を伝えることはできる。
でもそれで負い目を感じるのは我々なのだ。(見積もりは本当にきらいだ)

ともろもろ思ったところで何もおこならないので私は週末のスケジュールを確認して納期とスケジュールを飲み込んだ

結局、お金

私はサービスをより多くの人により便利に使ってもらうために
エンジニアをやっていると思っています。
一番うれしいのは初めて会った人が私の作ったサービスを使っていたとわかったときです、、、、、、、、、、

というのはきれいごとでした。 サービスを使ってもらって嬉しいのではなくて
サービスを作ってもらうことによって自分にお金が入るのが嬉しいのです。
社会的な評価があがる気がするのがうれしいのです。 社会的な評価があがることによって、次の転職先で給料があがることが嬉しいのです。
結局はすべて金儲けです。
ディレクターも自分が担当したプロジェクトがある程度の納期で
宣言したとおりの機能が作れていれば評価があがって給料が上がるから
先程の問答になったのでしょう。
結局、お金なのです。
結局、仕事はお金のためです。

それでも私は

より人々を幸せにしたいと思います。
私がお金を得てしたいことはまず家族を幸せにしたい。
更に余裕があれば友達を幸せにしたい。隣に住んでる人を幸せにしたい。
そして世界中の人を幸せにしたいと思います。
そのための手段はお金だけではもちろんなく 時間、すなわち命をかけて人を幸せにしたいです。