大学中退から始める娯楽入門

学んだら書くためのブログ。すべての人を幸せにしたい。

議事録から働き方改革

議事録めんどい

会議の役割で一番しんどい&めんどいのが議事録係だとと思います。
会議中に集中力を切らさずに参加者の文言をもれなくまとめていくという高等スキルです。
しかも書いたとしても会議後に
「議事録連携します。認識齟齬等あればご指摘お願いします」
といったダイイングメッセージのみで、
殆どの場合は認識齟齬が合っても修正されず、一生懸命取った議事録は読まれず
多くのメンバーが疑似の内容についてメッセージしくてるという惨劇が日々起こっているのではないでしょうか?

解決策

いくつか議事録に対する具体案を2つ上げてみます。

議事録駆動会議 MDM

会議自体を議事録をなぞりながら進めるスタイルです。
アジェンダの切りのいいタイミングで議事録を会議参加者で作っていきます。
これで議事録担当者の負担が減り、会議での認識齟齬が減ることでしょう。

みんなで議事録

議事録を全員で書きます。
自分の意見は自分で議事録に残して置きましょう。
共有で編集できるツールがあるとなおよしです。
これで議事録はしっかり残るし会議への参加具合が明らかになると思います。

※参考資料 Grow With Googleの「はじめたの働き方改革」でいろいろ教わりました。
こちらの@Udemyコースはいかかでしょうか: はじめての働き方改革 https://www.udemy.com/share/1014mEB0oTdFdRQHQ=/